中性脂肪の値を下げるのに効果的な食事とは?医師527名に聞いてみました


中性脂肪の値を下げるのに効果的な食事とは?医師527名に聞いてみました

本調査の結果、中性脂肪の値を下げる効果がある食品及び飲料は、「野菜」との回答が最も多く、次に「魚介類」、「キノコ類」が続きました。「野菜」と回答した医師からは、食物繊維によって糖質や脂質の吸収を抑える働きがあることや、野菜を多く摂取することによって総カロリー摂取量を減らすといったコメントが挙げられました。続いて「魚介類」との回答では、オメガ3脂肪酸に関するコメントが散見されました。最後に「キノコ類」と回答した医師からは、野菜と回答した医師と同意見が見られました。ほかには、「キノコ類、野菜類、海藻類、こんにゃく類、魚介類をオリーブ油で摂取することや、大豆タンパクの摂取が良い」とのアドバイスもいただきました。

健康診断の日。
自分の健康状態を確認できる機会ではありますが、一方で身体に異常はないか心配になる方もいらっしゃるかと思います。
なかでも、「ここ最近太り気味だな…」という方は、中性脂肪の値が気になるのではないでしょうか。
できれば健康診断の前から中性脂肪の値を下げることができて、その後も下がった値を維持できるような方法があれば良いですよね。
日頃摂取する食品や飲料で、中性脂肪の値を下げられるものはないのでしょうか。

そこで今回は、中性脂肪の値を下げる効果的な食品及び飲料について、一般内科医、総合診療科医、循環器内科医、代謝・内分泌科医、計527名の医師に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https:/ /medpeer.jp/)にて、2018年10月5日〜10月6日にかけて行われ、一般内科医、総合診療科医、循環器内科医、代謝・内分泌科医の527名から回答を頂きました。

dヘルスケアに入会すると、気になることをお医者さんに何度でも相談可能!

中性脂肪値を下げる食品と飲み物とは?

「中性脂肪の値を下げるのに効果的だと思う食品及び飲料は何ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらいコメントを頂きました。

・野菜
・魚介類
・キノコ類
・海藻類
・お茶
・植物油
・大豆製品
・穀物類
・その他

以下が結果となります。

中性脂肪の値を下げるのに効果的な食事とは?医師527名に聞いてみました

集計の結果、中性脂肪の値を下げる効果がある食品及び飲料は、「野菜」との回答が最も多く、次に「魚介類」、「キノコ類」が続きました。

それぞれの医師のコメントを見ていきましょう。

「野菜」と回答した医師

・50代男性 総合診療科 「野菜」
消化管運動の改善で吸収抑制が期待できます。

・70代男性 一般内科 「野菜」
海藻、きのこ、野菜などには食物繊維が多く含まれ、糖質や脂質の吸収を抑える働きをします。

・40代男性 一般内科 「野菜」
穀物の吸収を抑制するもの、オメガ3脂肪酸を多く含むものが良いですが、結局は食事摂取量が重要です。

・50代男性 循環器内科 「野菜」
微小血管の血流は確実に改善されます。

・40代男性 一般内科 「野菜」
下げるというよりも、総カロリー摂取量を減らす目的です。

・60代男性 一般内科 「野菜」
低カロリーで食物繊維が多いものが良いと思います。

・50代男性 一般内科 「野菜」
野菜を多くとると他の食事を減らすことができると思います。

・50代男性 一般内科 「野菜」
一番原因として多いのは糖質の過剰摂取なので、糖質吸収を抑えるものが良いです。

「野菜」と回答した医師からは、食物繊維が多く含まれており糖質や脂質の吸収を抑える働きをするというコメントが理由として挙げられました。
消化管運動の改善により、吸収抑制が期待できるとのことです。
中性脂肪の値が高い原因として、糖質の過剰摂取が多いと考える医師もいらっしゃるため、糖質の吸収をおさえる野菜の摂取が効果的だと考えられているようです。

なかには、「下げるというよりも、総カロリー摂取量を減らす目的です」、「低カロリーで食物繊維が多いものが良い」、「野菜を多くとると他の食事を減らすことができる」という意見もいただきました。
低カロリーのものを多く摂取してお腹を満たすことで総カロリー摂取量を減らせる、という考えのようですね。
ほかには、「微小血管の血流は確実に改善される」との声も。野菜を摂るメリットは色々ありそうです。

「魚介類」と回答した医師

・50代女性 代謝・内分泌科 「魚介類」
偏った食事は良いと思わないので、やはりバランスが大事ではないでしょうか。

・50代女性 循環器内科 「魚介類」
青魚の脂肪が良いです。摂りすぎはよくありませんが。

・60代男性 代謝・内分泌科 「魚介類」
魚類のオメガ3脂肪酸は中性脂肪低下の効果があります。

・50代男性 一般内科 「魚介類」
オメガ3に期待しますが、あまり下がった経験はありません。

・60代男性 一般内科 「魚介類」
青魚に含まれるオメガ3脂肪酸は薬にもなっています。

続いて「魚介類」との回答では、「魚類のオメガ3脂肪酸は中性脂肪低下の効果がある」、「青魚に含まれるオメガ3脂肪酸は薬にもなっている」とのコメントが見られました。
魚介類が良いのは、オメガ3脂肪酸が含まれているからのようです。

しかし、なかには「オメガ3に期待しますが、あまり下がった経験はない」といった声も見受けられました。
医師の中でも意見が分かれるところではあるようですが、一度試してみる価値はあるかもしれません。
また、「偏った食事は良いと思わないので、やはりバランスが大事」と述べた医師もいらっしゃいました。
摂りすぎはよくないとのコメントもあるように、中性脂肪を下げるのに効果的だからといって摂取しすぎるのもよくないようです。

「キノコ類」と回答した医師

・50男性 一般内科 「キノコ類」
カロリー制限と、便通が良くなる食事が良いです。

・60代男性 一般内科 「キノコ類」
野菜類、海藻類、キノコ類、こんにゃく類、魚介類をオリーブ油の摂取や、大豆タンパクの摂取が良いと思います。

・50代男性 総合診療科 「キノコ類」
食材の割合を変えることで中性脂肪の吸収抑制を考えます。

・70代男性 一般内科 「キノコ類」
脂質摂取の制限効果でしょう。

・70代男性 一般内科 「キノコ類」
きのこ、海藻、野菜などには食物繊維が多く含まれ、糖質や脂質の吸収を抑える働きをします。

最後に「キノコ類」と回答した医師からは、カロリー制限と便通が良くなる、食物繊維が多く含まれ糖質や脂質の吸収を抑える働きをするといった意見がありました。
野菜を勧める医師と同様の理由でキノコも勧められていることがわかりました。

ほかには、「キノコ類、野菜類、海藻類、こんにゃく類、魚介類をオリーブ油で摂取することや、大豆タンパクの摂取が良い」とのアドバイスもいただきました。
これらを参考に、今後の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

dヘルスケアに入会すると、気になることをお医者さんに何度でも相談可能!

中性脂肪値を下げる食品は、野菜・魚介類・キノコ類

本調査によれば、中性脂肪の値を下げる効果がある食品及び飲料は、「野菜」が最も多く、続いて「魚介類」、「キノコ類」という順に支持を集めていました。
「野菜」と回答した医師からは、理由として「野菜を多く摂ると他の食事を減らすことができる」、「食物繊維が多く含まれ、糖質や脂質の吸収を抑える働きをする」ことが挙げられました。
続いて「魚介類」との回答では、魚類に含まれるオメガ3脂肪酸は中性脂肪低下の効果があるとの意見が見られました。
しかし、なかには「オメガ3に期待するが、あまり下がった経験はない」といったコメントもあり、医師の間でも意見が分かれそうです。
最後に「キノコ類」と回答した医師からは、野菜と回答した医師と同様の意見が見られました。
ほかには、「キノコ類、野菜類、海藻類、こんにゃく類、魚介類をオリーブ油で摂取することや、大豆タンパクの摂取が良い」とのアドバイスもいただきました。
これらを参考に、中性脂肪の値を下げる献立に役立ててみてはいかがでしょうか。

引用元:イシコメ 医師と患者をむすぶメディカルサービス
https://ishicome.medpeer.jp/entry/1514

このコラムを読んだ方におすすめのアプリ

医師への24時間相談サービス

相談し放題になる、「dヘルスケア」有料利用についてはこちら

健康に関するちょっとした相談にも、医師が丁寧に回答。チャットで24時間気軽に医師に相談できます。