ランナーが体幹を鍛えるべき理由


最近では様々なスポーツで「体幹」の重要性を耳にする機会も多くなってきましたが、それはランニングにおいても同じです。

オリンピックを目指す選手でも、日々のランニングを楽しむ方でも、体幹を鍛えることはパフォーマンス向上や怪我の予防につながります。

今回はランナーが体幹を鍛えるべき理由とトレーニング方法について解説していきます。

ランナーが体幹を鍛えるべき理由

力を伝えやすくなる

体幹とは、身体の中で「頭」「腕」「足」以外の部分を指し、姿勢を維持する役割やスポーツ動作の軸としての役割を担っています。

体幹は「強い」「弱い」という言葉で表現されますが、体幹が強い人は頭から胸、そして骨盤までピアノ線が1本入ったような状態になっています。

その線に沿うように身体に力を伝えることが出来るため、走る力が分散せず、走りにブレが少なくなり、足を運ぶ動作がスムーズになるためスピードも上げやすくなっていきます。

怪我を予防してくれる

ランニング時には、膝に体重の3~5倍もの衝撃がかかると言われており、その衝撃を「股関節」や「太ももの筋肉」で吸収することで膝への負担を軽減しています。

しかし、体幹が弱いと身体の軸がブレるため、正しい受け皿である股関節や太ももの筋肉ではなく、膝や腰に直接衝撃を与えてしまい、怪我の原因となってしまいます。

身体の軸をしっかりと保ち続けるためにも、体幹を鍛えることは大事なのです。

「プランク」で体幹を鍛えよう

体幹トレーニングの中でもっとも有名なトレーニングの1つがこの「プランク」です。

トレーニング方法は至って簡単ですので、お風呂上りやテレビCMの間にでも実践してみましょう。

ランナーが体幹を鍛えるべき理由

1.マットや床の上でうつ伏せになります
2.両手を顔の横に置き、肘から指先までが身体と並行になるようにします。
3.肘から先の腕とつま先だけで身体を持ち上げます。

このポーズを、15秒〜30秒キープ。

1日2セットくらいからスタートしてみましょう。

頭から足までが一直線になるように意識してください。

お尻だけが高く「く」の字になったり、反対にお尻だけが下がってしまい反り腰にならないように注意しましょう。

引用元:Runtastic Blog

筆者:砂川 幸也 / Yukiya Sunagawa

大手フィットネスクラブ勤務を経て独立。ダイエットに特化したトレーニング・食事アドバイスと、猫背や骨盤の歪み改善など、理想体型づくりで5,000名を超える女性のトレーニングを指導。
2010年には女子プロゴルファーと専属契約を結び、国内外のトーナメントや合宿に帯同。ランニング指導においても、正しい姿勢と身体を痛めないフォームづくりをベースにしたランニング教室を開催。多くがマラソン初出場であるメンバー全員をレース完走に導く。

ダウンロードがまだの方は
こちらからアプリをダウンロード!

※AndroidTM 4.4以降、iOS 9.0以降
※アプリ内ブラウザではダウンロードボタンが正常に起動しない場合がございます。
その場合、ChromeやSafariなどのウェブブラウザ経由でダウンロードしてください
※通信にはパケット通信料がかかります

※AndroidTM 4.4以降、iOS 9.0以降
※アプリ内ブラウザではダウンロードボタンが正常に起動しない場合がございます。
その場合、ChromeやSafariなどのウェブブラウザ経由でダウンロードしてください
※通信にはパケット通信料がかかります

このコラムを読んだ方におすすめのアプリ

自宅でできる本格トレーニング

筋トレ初心者や、女性、体を部分的に鍛えたい方に最適な自重筋トレメニューが150種類以上!各エクササイズのやり方やポイントは動画でわかりやすく解説。