2017.04.20アプリ活用術

プロレスラー LEONAさんが体験!<Runtastic Results> 現役プロレスラー、150種類以上の自重筋トレメニューに挑戦


こんにちは。プロレスラーのLEONAです。

ドコモのdヘルスケアパックに搭載されている、150種類以上の自重筋トレメニューが使えるアプリ「Runtastic Results」にチャレンジしてみました。

アプリを立ち上げると、「一週間にどれくらい運動をしますか?」「どのような運動を行いますか?」といったように、日頃の運動習慣を問う質問が出されます。それに回答すると、ウォーミングアップ運動に続いて、15分間の体力テストが始まります。

体力テストのメニューは、腕立て伏せ、腹筋、スクワットに加え、「Flat Out Burpees」といった、一度屈伸してジャンプする運動の4種類。それぞれ2分間に何回できるかを記録し、その結果を基に、その人に合った個別メニューを作成してくれる仕組みです。

このような内容の体力テストを行います

準備運動終了。続いて体力テストです

体力テスト、腕立て伏せ45回、腹筋52回、スクワット94回

僕の結果は、腕立て伏せ45回、腹筋52回、スクワット94回、「Flat Out Burpees」35回でした。

20歳代の一般男性(競技スポーツ経験あり)がこのアプリの体力テストをしたら、腕立て伏せ21回、腹筋35回、スクワット57回、「Flat Out Burpees」27回だったと聞きました。

運動の動きを説明する動画には日本語字幕が付きます

2013年11月19日に父・藤波たつが主宰する団体「ドラディション」のリングでデビューし、今年プロレスラーとして5年目を迎えます。まだ新人の域を超えませんが、レスラーとしてなんとか胸を張れる成績ではないでしょうか。

その結果、第1週のメニューが、僕に提示されます。そのメニューを画面キャプチャーでご覧ください。

実際に、やってみました。まずは、ウォーミングアップから。このパートは、設定で省くことができますが、やはり運動前にはウォーミングアップは必須です。省かないようお願いします。

体力テストを基に作成されたトレーニングメニュー

続いて、僕向けのメニューが始まります。軽快な音楽がモチベーションを高めてくれます。各メニューの合間には、2分間の休憩タイムが設けられています。休憩タイムが終われば、次の運動にとり掛かるよう促してくれます。

スマホの画面を床の上にセットしメニューを選択

スマホを横に置きながらトレーニングメニューをこなす

1人で運動していると、ずるずる休憩時間が長引いてしまうことがあるので、ありがたい機能です。

1日分、15分間のメニューを終えての感想は、「ちょうどいい」というものでした。決して「楽だった」という意味ではありません。ほどよく負荷がかかり、心地よく疲れた、ということです。

筋トレに関するコラムを読むこともできます

有酸素運動の重要性を学ぶ

プロレスラーの僕が「Runtastic Results」を続けていて、非常に参考になったのは、提示されるメニューに有酸素運動が適宜織り込まれている点です。筋肉を強くするには、鍛えるとともに休ませることも大切です。このアプリでは、筋トレをした次の日は、有酸素運動のメニューが組まれることが多く、筋肉を休ませる時間も設けられています。

プロレスラーの場合、どうしても筋トレにウェートを置きがちなので、有酸素運動の重要性を学ぶことができました。

いつもは器具を使ってトレーニング

1日15分間で手軽に取り組める筋トレアプリを今後もプロレスラーとしてのトレーニングと併用して使い続けていきたいと思っています。

筆者:LEONA / れおな

LEONA / れおな

本名・藤波怜於南。1993年生まれ、東京都出身。立教大学法学部法学科卒。小さい頃から、父・藤波辰爾のプロレスの試合を見て育つ。2012年4月、父の試合後にプロレス界入りを直訴し、イギリスにあるプロレスラー養成ジム「蛇の穴」への武者修行の旅に出る。13年5月のエキシビションマッチを経て、同年11月19日の後楽園ホール、対船木誠勝戦でデビュー。以後、所属のドラディションを始め、各団体のリングで好ファイトを繰り広げている。身長173センチ、体重90キロ。

企画・制作 読売新聞社

記事を読んで、ボタンをクリックするだけでdポイントがもらえます!

体験記事一覧に戻る

このコラムを読んだ方におすすめのアプリ

自宅でできる本格トレーニング

筋トレ初心者や、女性、体を部分的に鍛えたい方に最適な自重筋トレメニューが150種類以上!各エクササイズのやり方やポイントは動画でわかりやすく解説。

  • ダウンロードする Androidの方はこちら
  • ダウンロードする iPhoneの方はこちら